2020年04月23日

2020.4.23 着々と

P_20200423_093452_1.jpg
今日もよく晴れてエリア整備日和。
nasaトップとハングテイクオフの草刈りと薮の伐採は完了です。nasaトップとハングテイクオフの間の一番高いところに吹き流しを設置して、クラブハウスから見えるようにします。板さん考案のからまない吹き流しです。
パラランディング場は、長い間に広がった笹薮を切り開いて、使える面積を広げています。新しい宿舎の手入れも進めています。
今は出歩かずに我慢して早くコロナを収束させましょう。着々と準備をして、皆さんを迎えられる日に備えています。

明日の予想
飛べないからと天気予報を真面目に見ていませんでしたが、やはり習慣は崩さないようにします。
明日は午前中晴れたり曇ったり、午後は雷雨の可能性あり。上空の寒気が強いせいです。風は南寄りで午前中は弱めでしょう。

予想の手順はだいたい次の通りです。
ウェザーニューズの天気図
1週間先までの予想天気図を載せてくれるので便利。解説も毎日読むと力が付く。

天気予報
ウェザーニューズと気象協会の両方を見て比較。
気象協会の風速は平均風速、ウェザーニューズの風速は瞬間最大を出すので強めの表示。特性を理解して解釈。ちなみにヤフー天気は気象協会のデータを使っているので同じ内容。

高層天気図
上空1500mの気温を1週間先まで予想。等温度線を色分けしてあるのでわかりやすい。地表気温との温度差を見て、対流の活発さを判断。

GPV
詳細な風向きの予測。雨の予報は弱気(他の予報よりも早めに降る予報の傾向)

雨が気になるときは気象庁の天気分布予報
3月に大幅改良されて、天気だけでなく気温、降水量、降雪量の予報も出るようになり、データが5kmメッシュになって精度も上がった。以前から天気の大まかな予想に便利なので愛用しています。

テイクオフの風が気になるときは
地表の風予報の精度はGPVよりも粗いが、高度ごとの予報を出してくれる。950hPa(600m)の予報は足尾山頂の風の目安。ただし、この風速が強くてもパラテイクオフ(400m)は飛べることも多いので、予報を見て弱気になりすぎないよう注意。

posted by ハング・パラグライダースクールnasa at 17:44| Comment(0) | 日記